【2020/09/10 ラプターズ日記】崖っぷちラプターズ、2OTの末死闘を制す!!

NBA

第6戦、終わりましたね!

正直前半はダメかと思って観ていましたが、なんとか勝ってくれました!!

2回のOTにまでもつれ込んだ今日の試合を振り返りたいと思います!

今日の感想

今日は負けると敗退となる大事な一戦でした。

第5戦で大差をつけられて負けてしまったので、どうなることやらと思いながら観ていました。

1~2Q

前半からラプターズはシュートを落とす場面が多く、それに対してセルツはスリーを高確率で決めてきたので、かなり焦りました。

なんか、今日のセルツはフリーでスリーを打たせたら全部入るような印象でした。

かなりやられてるイメージだったんですが、意外にも点差はそこまで開いてなかったです。

1Qは21-25、2Qは48-52で折り返しました。

途中離された場面もありましたが、2Qで結構詰められたのが大きかったですね!

特にイバカ!2Qのブロック、そして連続スリーにはシビれました!!

3~4Q

3Qでは今日初めてのリードを奪い、すぐに逆転されることもなく進んでいきましたね。

ディフェンスがよかったのと、セルツのスリーが最初ほど入らなくなっていたからでしょうか。

4Qの途中からは、自分の心臓のドキドキを感じるようになりました。笑

あんまり日常の中でドキドキする場面ってないんですけど、ラプターズの試合を観てるときは接戦になるといつもドキドキが止まりません。

4Qの終わりなんて、やばかったですよ。

98-98の、残り10秒くらいからのケンバの最後の攻撃。決められたら終わりですからね。

なんとかノーファールで止めれたのはほんまに大きかった。フリースローを与えても終わってましたからねー。

そのままOTに進んだわけですけど、ここもさらに血を吐くぐらいやばかった。笑

2回のOT

全てのプレーが勝敗を左右する緊張感MAXの5分間。今日はそれが2回もあった。笑

でも、やっぱり一番盛り上がったのはここですよね!

OGのスリー、ノームのスリーとエンドワン、そしてラウリーのフェイダウェイ!!

興奮するシーンばかりのの10分間でした。

トータルのスコアはこんな感じです。

1Q2Q3Q4Q1OT2OTTOTAL
ラプターズ21273317819125
セルティックス25272521816122

さて、ダラダラと書いてしまった中身のない感想はこのへんにして、次のコーナーに進みましょう!

ハイライトが多すぎ!個人的に興奮したシーンランキング

今日は記憶に残るシーンが多かったので、個人的な興奮したシーンのランキングを作ってみました!

なんか微妙な数ですが、4位からランキングスタートです!笑

第4位 イバカの連続スリー

第4位は、2Qでのイバカの連続スリー!

まさか2本連続で決めてくれるとは思ってなかったです。

さすが頼れる男。それに比べてガソルおじさんは・・・(小声)

1本目のスリー

からの2本目

イバカの2本連続スリー、本当にシビれました!

ちょっとミスが続いて引き離されていたところに、イバカが燃料をぶち込んでくれた感じがしました。

やっぱりイバカはここ最近スリーが好調ですね!

それを本人もわかってたから、自信をもって連続でスリーを打てたんでしょうね。

スリーを決めれるビッグマン、貴重すぎます!!

第3位 ノームの同点スリーからのOGのスリー

112-115、スリーを決められた直後の2本連続スリー!

この動画の34秒~1分7秒くらいまでの流れです。

スマートにスリーを決められて3点差になったときは、キツイなーと思いました。

時間も残り少なかったので、これを外して次の攻撃でセルツに決められていた、いよいよ流れをもっていかれていたと思います。

そこで決めてくれたのがノームですよ!

ここぞというときにやってくれる場面が増えたノーム。頼れる存在に成長しました。

ノームの同点スリーのあとすぐにタイスにダンクを決められますが、ここでOGのスリー!!

OGも、第3戦から改めてスリーに自信がついたのでしょうか。

観てる側からしても、OGがスリーを打つときは入る気がします。

このスリーに関しては、OGにとっては無限の時間に感じたでしょう。なぜなら、0.5秒もあれば決められる男なんですから。

第2位 ノームのエンドワン

第2位は、ノームのエンドワン!

マジで声出ました。

残り40秒くらいで1点リードしていたときのこのエンドワン。

あと一回攻撃成功させられたら勝てる!というこの状況で決めてくれたこの男はまさに、

PLAYOFF POWELL

でした。

PLAYOFF POWELLという言葉は去年のプレーオフで生まれましたが、今年も健在のようです。

僕もこのシーンは興奮してツイートしたんですが、それがまさかのラプターズ公式と全く同じ文面という偶然も。笑

ビックリマーク(!)の数まで同じでした(笑)

第1位 ラウリーの勝負を決めたフェイダウェイ

そして栄えある第1位は、、、、

ラウリーのフェイダウェイ!!!

(パチパチパチパチパチパチ)(拍手)

いやー、これはめちゃくちゃ興奮しました(笑)

2点リードしていて、残り20秒のこの状況。

あと2点決めれば2ポゼッションないと追いつけなくなるので、決めればほぼ勝ちが決まる場面でした。

ここで試合を決めてくれたのがこの男!!

ラプターズの魂、カイル・ラウリー!!

しかももの凄いタフショットですよ。これを最後に決めてくれるなんて。

2年前まで、プレーオフでは活躍できなくなると言われていたのがウソのような活躍です。

去年も凄かったですが、優勝を経てさらにレベルアップした気がします。

去年はチームを勝利に引っ張る中心はレナードでしたが、今年はラウリーが大黒柱として頑張ってくれています。(もちろん去年も中心にはラウリーがいましたが。)

ここ最近は本当にラウリーの調子によって勝敗が分かれていますね。

チームのエースはやっぱりラウリーだと思わせてくれます。

第7戦も、引き続きラウリーの爆発に期待しましょう!

ということで、以上が僕の個人的な興奮したシーンランキングでした!笑

おまけ:ニック・ナースの「変化の術」

おまけです。

テイタムのパスがずれてターンオーバーになったシーン。

試合を観てるときはなんであんなパスミスをしたのかわかってなかったんですが、よく見たらニック・ナースを味方だと思ってパスを出してしまったんですね。笑

このツイート主はニック・ナースから罰金を取るか、次の試合出場停止にするべきだと言ってますが、これは普通にテイタムのミスかなあ。

テイタムを騙すためにわざとコーナーに立ってたって書かれてますが、さすがにそれはないかとおもいます・・・
服の色も全く違いますし。

試合後のコメントで、テイタムは自分のミスだと言ってたみたいです。

でもまあ、ニック・ナースもあんないいところに立ってるのはよくなかったですね!

こういうのが多くなると、いつかサッカーみたいにコーチングエリアが作られたりするかもしれませんね。

おわりに

今日の試合は、2回のOTにもつれ込んだ、本当に興奮する試合でした。

それは我々NBAファンだけでなく、他チームのプレイヤーたちも同じのようです。

最後に少しだけ選手のツイートを紹介したいと思います。

まずはグリズリーズのジャ・モラント。

ルーキーですがすでにグリズリーズのエースになっており、僕も大好きです。
今年のプレーオフも地味に応援してました。

次にドウェイン・ウェイド。
名指しでラウリーを褒めてくれてて嬉しい。

選手ではありませんが、カナダのトルドー首相。

首相が自国のスポーツチームの活躍についてツイートするなんて、他の国でもあるんですかね?笑

首相も一緒に応援して盛り上がる、そんなラプターズがやっぱり大好き!

そして最後は、この人。

言わずと知れた元ラプターズのエース、デローザン。

ラウリーと並び、僕の一番好きな選手です。

ラプターズのフロントとは色々ありましたが、チームを離れてもまだ応援してくれているんですね。

デローザンのこのツイートが一番嬉しかったです。

いつかデローザンが戻ってきて、ラウリーとコンビを組んでいるのをまた見てみたいなあ。

はい、いろいろ紹介しましたが、今回はこのへんにしたいと思います!

次は泣いても笑ってもシリーズ最後の試合です。
勝てばカンファレンスファイナル進出、負ければ敗退。

それを左右するのは、やっぱりシアカムかなと思います。

今日は54分で12点しか取れなかったシアカム。はっきり言って絶不調です。

彼がよくなれば、もっと簡単(?)に勝てるはず。
というか、こんだけ悪くて勝てたんだから、シアカムが爆発すればボコボコにだってできますよ。

次はもっとスパイシーな活躍を期待したいと思います!

それからガソルももうちょっと頑張ってほしい。

それでは土曜の朝、楽しみましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました