トロント・ニューヨークへひとり旅!【2日目】

カナダ

Cavernで朝食を

さて、二日目の朝です。まずは朝食を食べます。今回僕が泊まった「HI Toronto Hostel」では、泊まる日数分の朝食チケットをもらうことができ、ホステルの下にある「The Cavern」というバーにチケットを持っていけば、無料で朝食を食べることができるんです!

メニューにはいくつかの種類の朝食セットがあり、メニューには金額も書かれているんですが、チケットを持っているとすべて無料で食べられます。すべてのメニューにドリンクがついていますし、カウンター横のバナナやリンゴなどのフルーツも食べ放題。本当にお得ですよ!海外で外で食べるとなんやかんやでお金かかっちゃいますからね!

そして僕がこの日選んだのはもちろん一番高いメニュー(笑)。

その名も「The Backpacker

パン、チーズ、ハム、野菜などが乗ったプレートで、これを自分でサンドしてサンドイッチにして食べます。実は二年前にトロントに来た時にもこれを好んで食べていたのですが、これがめちゃくちゃ美味しい。写真ではわかりづらいかもしれませんが、結構ボリュームがあって、お腹いっぱいになります。

トロント・イートンセンターへ

朝食を食べ終わったら、いよいよトロントの街へ繰り出します!

まず向かったのは、イートンセンター。トロントのダウンタウンにある最大のショッピングモールで、ここに行けばファッションからお土産まで、ひととおりの買い物が楽しめます。ホステルからは徒歩10分ぐらいで行くことができ、ホステルの立地の良さが再確認できます。

歩いて向かっていると、何やらイートンセンター前の広場でイベントを行っているようです。ちょっと見に行こう。

行ってみると、なんと「Smoke’s Poutinerie」のイベントやってる!!(歓喜)

Smoke’s Poutinerieというのは、カナダで有名なプーティン専門店です。プーティン(ロシアの大統領じゃないですよ!)というのは、カナダの有名なジャンクフードで、フライドポテトにチーズとグレイビーソースをかけたもの。他にもトッピングで肉やマッシュルームを乗せたようなものもあります。ちなみにカロリーは爆高です。笑

列ができていたので並んでみると、どうやらアプリをインストールすれば無料でプーティンがもらえるようです。そんなのもらうしかないっしょ!

はい、もらってきました。見るからにカロリーが高そうなのがわかると思いますが、これが美味しいんですよね~。カナダに来たら絶対に食べてほしいです。

さて、プーティンを食べながらもうちょっと奥のほうまで見てみましょう。何やらバンドのライブをやってるみたいです。

!!!

なんと!!KISSがライブやってる!!!海外ロックバンドに詳しくはない僕ですが、KISSぐらい知ってますよ!めちゃくちゃ有名ですよね!

最初はコスプレかと思いましたが、ちゃんと本物でした。笑

有名な曲も歌っていて、結局一時間以上ここでライブを観ていたと思います。ちなみに、去年の紅白に出演していましたね。紅白で披露した「Rock And Roll All Nite」も歌ってました。この曲好きだな~。旅行から帰ってから、今でもよく聴いてます。

レンタサイクルでサイクリング

お昼が過ぎ、本日の計画を進めていきます。これまであまりトロントの街を巡ったことがなかったので、自転車を借りてサイクリングをします!

自転車を借りるといっても、使うのはBIKE SHAREというサービス。サービスを利用する期間により金額が変わり、その期間の間は町中にある自転車が使い放題!かなり多くの場所に専用の駐輪場があり、目的地付近の駐輪場に自転車を停め、用事が終わったらまた自転車を取り出して次の目的地に向かうといった使い方ができます。自転車は乗り捨てが可能なので、目的地まで自転車で行き、疲れたら帰りは電車、なんて使い方もできてかなり便利です。

料金は1日、3日、10日の乗り放題プランから選ぶことができますが、この日は1日プランを選択しました。トロントの地下鉄は距離に関係なく片道3.25カナダドルなので、細かい移動を繰り返す場合は、バイクシェアのほうがコスパはいいかもしれません!自転車は景色を楽しみながら走れるので、新しい発見もあって楽しいですよ!

専用のアプリもあり、アプリを使えば近くの専用駐輪場が探せます。ただ一点だけ注意が必要なのは、30分以内に次の駐輪場に自転車を停めないといけないという点。超過すると、超過料金を取られてしまいます。そのため、自転車で1時間かかる場所に行く場合は、30分以内に一度駐輪場に停め、また取り出して、目的地まで向かうというようなことをしなければなりません。(ちょっとめんどくさい)

この日はサイクリングすることが目的で、特に行先は決めてなかったため、適当にガイドブックを見ながら行きたいところを巡ってきました。こうして自由に小回りがきくのがサイクリングの良いところですよね!

適当に色んな場所を巡ったのでどこに行ったかちゃんと覚えてないんですが、この写真はトロント大学内の芝生広場から撮った写真です。トロント大学は自転車で回ってもなかなか時間がかかるほど規模が大きく、日本の大学との広さの違いを感じました。

さて、そろそろ暗くなってきたので、そろそろこの日のメインイベントに向かいましょう!そのメインイベントとは・・・

トロントの夜景です!!

トロントアイランドで夜景撮影

皆さんは、海外で夜景と聞くと何を浮かべますか?上海ですか?それともニューヨークでしょうか?

いやいや、トロントにも素晴らしい夜景があるんですよ!!そんな夜景が見れるのが、知る人ぞ知る夜景スポットである、トロントアイランドです。

トロントアイランドまでは、トロントの南側にある港から、フェリーに乗って向かいます。トロントアイランドは三つの島から構成されていて、セントラル島、ハンランズ・ポイント、ワーズ島という島に分かれています。中でも人気なのがセントラル島で、夜景以外にも、暖かい季節になるとピクニックを楽しむ人が集まるなど、トロント市民からも人気のお出かけ先です。

冬になると、もともと3つあるフェリーの路線が1つしか使えなくなってしまうのですが、ぎりぎりセントラル島に行ける路線が使える期間だったので、今回はセントラル島で夜景を見てきました。

フェリーは往復約8ドルで、所要時間は約13分です。

では、早速フェリーに乗り込み、セントラル島を目指します!

フェリーに乗ると、こんな景色が見れます。乗り場からだんだん遠ざかり、トロントの街が小さくなっていきます。

僕は夜景を一眼レフで撮ることが目的だったため、まだ明るい時間に出発し、暗くなりきる前にカメラのセッティングを済ませられるような計画でした。

トロントは日本と比べて緯度が低いため、日没時間が日本での感覚とは大きくことなりますので、しっかり日没時間をネットで確認してから向かいましょう!

ちなみに留学していた時の話ですが、夏は21時になっても外が明るいときがあり、外国に来たんだなと実感しました。

フェリーからの景色を眺めていると、あっという間にトロントアイランドに到着です。

フェリーを降りると、たまたま僕と同じようにカメラを持っている人たちが続々と同じ方向に歩いていくので、それについて行ってみました。(ほんとにここは夜景撮影スポットとして人気です)

すると、撮影しやすそうな開けた場所があったので、そこでカメラをセッティングします。ちなみに夜景撮影のために持参したのは、ニコンのD5600という一眼レフカメラと、三脚のみです。

三脚のセッティングをしていて気づいたのですが、結構足場がぼこぼこしており、かなり高さや角度の調整にてこずりました。僕はまだ明るい時間から到着して日没を待っていたので大丈夫だったのですが、暗い中セッティングするのはきつそうだなと思いました。

カメラと三脚の調整をしたり、試し撮りなどをして待つこと30分、いよいよ日没です。10月末でしたが、だいたい19時過ぎくらいに日が沈みました。

そして撮れた写真が、こちら!!

どうでしょうか?笑

一眼レフでの夜景撮影はあまり慣れていないのであまり上手くはないかもしれませんが、個人的にはイメージしていた通りの写真が撮れ、満足しています!

夜景を一眼レフで撮影する場合は、やっぱり三脚は必須ですね。でも、今回の旅行のために新調していたiPhone11のナイトモードでの撮影でも同じように綺麗な写真が撮れたので、最近のスマホであれば一眼レフじゃなくてもいいかもしれません。一眼レフと三脚を両方持って歩くとなると、重いし荷物になるので。

さて、目的は達成したので、ホステルに帰ります。フェリー乗り場から歩いて帰れなくもない距離なので、散歩がてら歩くことにしました。

Scotiabank Arenaの前を通ると、たまたまこの日はアリーナの中でホッケーの試合をやっていたみたいで、外の大型ビジョンで中継されていました。

カナダでは国技であるアイスホッケーが一番人気のスポーツなので、寒い中外で試合を観ている人も結構いました。

ちなみにこのアリーナはアイスホッケーの「トロント・メイプルリーフス」とバスケットボールの「トロント・ラプターズ」のホームで、異なるスポーツのためそれぞれ試合の日には大掛かりな模様替えがされます。

NHL to NBA in 3 minutes! Timelapse transformation of Toronto's ACC

こんな感じで入れ替えているみたいですよ。バスケとアイスホッケーはシーズンが被っているので、毎回大変ですね(笑)

実は今回トロントに来た理由の一つはラプターズ(バスケ)の試合を観ることなんです。今回は3回目の現地観戦ですが、またこれについてもレポートしたいと思います!

おまけ(ホステルで遅めの晩ごはん)

かなーり遅くなってしまったのですが、あまりにもお腹が空いていたためホステル下の「The Cavern」で晩御飯を食べました。(外のお店はもう閉まってた)

がっつりしたディナーメニューは終了してしまっていたのですが、軽食のようなものはまだ提供しているみたいだったので、チップスと春巻的な何かを注文しました。もちろんビールも。

春巻的な何かは、当然春巻ではなかったのですが、とりあえずめちゃくちゃ美味しかったです。カナダで食べたもので美味しくなかったものは今のところありません。すごく住みやすいし旅行もしやすいと思いますね!

ということで、また時間があるときに3日目以降も更新したいと思います!

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました